2006年12月18日

アキバ

akiba.JPG
アキハバラデパートが改装のために閉店するんですね。
いろいろとお世話になった場所です。
山手線の駅らしからぬ汚さが好きだったんですけどねぇ。
ここで、怪しいモノをつかまされました。
そういえば、実演販売の中心地だったんですよねぇ。
思い出の場所がまた一つ…
posted by GAKU at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Local

2006年12月17日

相模湖

sagamiko.JPG
むか〜しの雰囲気のゲームセンター。
20年前に来た時も同じように古くさかったです。つまり、一切改修したり、より楽しめる空間にしようなどという努力はしていないということなんでしょうね。
20年前と同じように、スマートボールに手を出してみましたが、一つとして、いいとこ無しでした。
ま、こんなもんでしょう。
また20年は来ないことでしょう。
posted by GAKU at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Local

ナマあいのて

ainote.JPG
「あいのて」の出演者によるワークショップです
とにかく楽しい
posted by GAKU at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2006年12月14日

豊洲

toyosu.JPG
豊洲がエラいことになってますね。
ちょっと前まで倉庫しかなかったのに…
posted by GAKU at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

エコプロダクツ

ecopro.JPG
エコプロダクツというイベントに行ってきました。
様々な企業や団体が、自分のところはこんなにエコのこと考えてるよ。と言うイベントです。
今どきの企業は、エコというキーワード抜きには成立しないんですねぇ。
子供の姿が目立ったのと、子供向けのアトラクションが多い気がしましたねぇ。
課外授業みたいな感じで先生が引率してました。生徒たちは景品目当てのようでしたけども…。
いくつか非常に深く環境問題に取り組んでいる団体があって、感慨深い話が聞けました。
でも、あの多量のパンフレットと派手な展示はちっともエコではないなぁ…と思った次第です。
僕らの商売もウラハラですなぁ。
posted by GAKU at 14:17| Comment(1) | TrackBack(0) | イベント

2006年12月08日

エチケット

それぞれの業界にそれぞれの不文律みたいなものがありますよねぇ。
口には出さないけれど「こういうことはしちゃいけないよ」みたいな、掟というようなものが。
度が過ぎると古い慣わしとして嫌われたりすることもありますけど、
それで成り立ってきた歴史と言えるようなモノも大事だと思います。
最近、それを無視するような行動を何度か見かけました。
それは、空気を読めずにカラ回りしているシーンだったり、
割り切って考えると確かに間違ってはいないんだけど…というようなシーンだったり。
特に金がからむ話だとシャレにならないこともありますよ。
まあ、なんでもアリの業界ですけど、少しは大人の態度も身につけておかないとねぇ。
posted by GAKU at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月07日

憲法九条を世界遺産に

gakufactory-2006-12-07T15 02 40-1.JPG
表現方法を限定し過ぎる傾向に問題を提起する議論に共感を覚えました。
ドキュメンタリーがお笑いに通じる感覚を以前から持っていたもので・・・
posted by GAKU at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月13日

自殺

最近、若い世代の自殺がニュースをにぎわしていますね。
この問題はここにきて注目されていますが、いままでも無かった訳ではありません。
ちょっと前は飲酒運転のことが取りざたされていましたが、これもすっかり良くなったということではなく、話題として古くなってしまっただけのことです。
話を戻しますが、一体報道では何がしたいんでしょう?
自殺をあおるようなことばかり、その報道がまた新たな自殺を促しているような可能性もあることを現場の人たちはどう思ってるんでしょう?
言い訳はいくらでもあるんでしょうが、他の方法を考えようともしない態度には疑問を感じざるを得ないですね。
「まず自殺をすることがバカなんだ、ということを訴えるべきだ」と
ダウタウンの松本さんがラジオで言っていました。
当然、批判を受けるリスクも考慮した上での発言です。
本当に大事なことを伝えようとしている番組は長くは続かないような状況です。
“大事なことしかやらない番組”を作って行きたい。
posted by GAKU at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ

2006年10月18日

責任

朝、通勤のため電車に乗ってたら、
「この電車は今2分ほど遅れております。JRからの進入が2分遅れたため、2分ほど遅れております。お忙しいところ誠に申し訳ありません。」と、車内放送がながれた。
ふんふん、JRが遅れたのか、けしからんな。
などとのん気に構えていたのだが、、、ん?まてよ…
って言うことは、要するにメ〇ロは何も悪くありません。ってか?
何が言いたいんだ?遅れてすみません。ってことか?それとも…
そう、私たちは悪くありません。ってことか?
口は災いの元と、むか〜しよく言われたものだ。ん?今もそうか。
そういうちょっとした一言に心ってのは表れるもんなんだよ。
大企業にこそそういうのが多いよなぁ。
見る目がある人にはバレちゃうんだぜ。あんたたちのセコさが。
社員の質の悪さ=会社の質の悪さ−−−でしょ?!
そういう会社が潰れていくようならば、この日本は健全だということになるんでしょうなぁ。
posted by GAKU at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年10月11日

沖縄

日比谷野音で開催された「琉球フェスティバル」
新宿での「りんけんバンド」ライブ
と、2日連続で沖縄に浸かって来ました。
さすが芸の邦の人たち、唄がうまい!
層の厚さを感じましたねぇ。

りんけんバンドは、沖縄でやっているいつも通りのステージを、
東京でもやりました。という感じ。

琉球フェスは、10以上のミュージシャンが次々に演奏するスタイルで、
豪華なお祭り、って感じ。
なにしろ、会場内でオリオンビールや泡盛やつまみみたいなものを売っていて、ほとんどの人がサケを呑んでるんですから、
会場内に常にアルコールの匂いが立ち込めているという、
まあ、らしいって言えばらしいんでしょうけど…。
MCも客に勧められて呑んじゃって、酔っ払って司会するという。
ディアマンテスが出る頃はみんな浮かれまくりで異様な盛り上がりでしたね。
イベントはお祭りなんだと改めて感心しました。
posted by GAKU at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ

2006年09月22日

奥薬研温泉

kappanoyu.jpg

中継の下見で青森県の下北半島、奥薬研温泉というところに行ってきました。
混浴の温泉の下には川が流れ、木々が生い茂る奥の方には滝が見える。
秘湯のような雰囲気を車で行ける場所でタダで楽しめるという、言うことナシの素晴らしい温泉です。
しかーし、
ここまでどうやって行くかと言うと、
東京からは、新幹線で八戸まで行き、そこから青森方面に向って野辺地まで行きます。
そこで乗り換えて、単線の大湊線で下北駅まで行き、そこからはレンタカーで40分。
確か、7時半頃東京を出て、現地に着いたのは14時半くらいだったかなぁ。
そこまで手間をかけて味わうからいいんでしょうねぇ。
皆さんも行ってみますか?
posted by GAKU at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Local

2006年09月17日

逆境ナイン

映画「逆境ナイン」をDVDで視ました。
演出や内容が一本調子なもので、視始めて数分で「失敗だったかな?」と反省したものの、まあ勢いで最後まで視られました。
これも昭和の匂いを出すという演出意図が見え隠れしましたね。「オールウェイズ三丁目の夕日」よりはその演出は活きていました。
今の話とすれば荒唐無稽に過ぎるってことでしょうか?確かに今は逆境を撥ね返すなんて考えは理解されない心情ですもんね。
追い詰められた場面、まさに逆境で真正面からぶつかっていくようなヤツ、
今どきそういう人は少ないみたいです。
でも、そういう人こそこっちの業界には必要なんじゃないかと思います。
自分はそういう人間だと言える人がいたら是非、制作の仕事に興味を持ってください。そういう人材を求めています。
野球のことを知らない監督、ココリコの田中直樹さんがやっている役ですが、
あのようになんだかワケのわからないことを言う監督も必要なんですね。
昔のディレクターってああいう人だったなぁ、なんて思い出しました。
逆境を撥ね返すAD時代を懐かしく思い出したりしましたよ。
posted by GAKU at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2006年09月16日

ニュースの天才

「ニュースの天才」という映画をDVDで視ました。
実際にあった、売れっ子記者による捏造記事の話を映画化したものです。
主役はスターウォーズのアナキン役の人ですねたぶん。
全体に地味〜な話なんですが、
やっぱりなんといっても盛り上がるのは、ウソがだんだんとバレていくところ。
いやぁぁ、ドキドキしますな。
いやいや、僕がそういう経験があるってワケではないですよ。
でも、こういう風に疑われているなぁ、って感じることは多いです。
皆さんもあるんじゃないですか?
ちょっとしたウソがバレていく時のあの冷や汗たら〜り。みたいな感じ。
繕えば繕うほどドツボにはまっていく。
どこで謝ろうかタイミングを失って。
ああ、イヤだなぁぁぁ。
わかってても、また・・・
posted by GAKU at 01:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画

2006年09月07日

オオタスセリ ライブ

昨夜、オオタスセリさんのライブに行って来ました。
バンドとして初お披露目だったんですが、
想像以上に良かったですねぇ〜。
元々の曲は、なんていうかお笑いっていうのとも違うし〜、だからコミックソングってワケでもないですし〜、キ○ガイ歌でもないし〜、放送禁止歌ということでもないし〜…
それが、アレンジでああも変わるものなのか〜。と感心しましたねぇぇ。
結論としては格好良かったよー、っと。
posted by GAKU at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ

2006年09月06日

紅葉

NHKハイビジョン中継「紅葉列島」で動いています。
紅葉なんて気が早いようですが、
もう準備が進んでるんですよ。
ひと足早く秋を感じています。
posted by GAKU at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ

2006年09月05日

オオタスセリ ワンマンライブ

以前にもご紹介しましたが、
知る人ぞ知る、伝説のフォークシンガー芸人、オオタスセリさんが、
いよいよ明日、赤坂でライブをやります。
“伝説の”って言うのは嘘です。いやあながちウソとも言い切れませんね。
大げさに言ってる面はありますが、芸人としては数々の伝説を持ってる人ですし…
ま、とにかく急成長中のベテラン芸人の技を楽しもう!


LIVEHOUSE GRAFFITI

私の観察日記
posted by GAKU at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ

2006年09月04日

あしたのジョー

「あしたのジョー」は世の中を信じなくなっていた一人の少年が、ボクシングに出会いそれを通して人間としても成長していく姿が人々に感動を呼び、スポーツマンガの記念碑的な作品と言えるものになりました。
皆さんは知ってますか?「あしたのジョー」。
何度も再放送されたので、僕自身もリアルタイムだったのか、再放送で視たのかわからなくなっていますが、何度も視たことは確かです。
それに、学生時代はずーっとジョーの顔が描かれた下敷きを使っていたことを思い出しました。
これほどに評価された作品ですが、今視てみると、ちょっとこのままでは放送できないなぁ…と思われる点が多々あります。
まあ、設定が昭和30年代くらいの感じなんですかねぇ、何しろ貧乏人と金持ちの描き方が極端です。
教育上よくない表現もたくさん出てきます。
子供にはマネして欲しくない場面もあるでしょう。
ま、基本的に殴り合いです。人を殴って倒して上がって行く物語です。
今、このまま放送したら(当時のまま放送します…などの注を入れないでという意味)問題番組でしょう。
でも、これを視て徹底して頑張ることの意味を感じ、影響を受けて社会で成功した人なんてのもいるはず。
いい作品なんです。
この作品に関して、細かい指摘を入れて、放送されなくなることがあった場合、この損失は大きいですよねぇ。
でも、よくある話なんですよ。
posted by GAKU at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ

2006年09月03日

P-ブロッ 結成10周年記念コンサート

番組「あいのて」の監修、出演をされている野村誠さんが主催(?)されている
「P-ブロッ」のコンサートに行ってきました。
会場は門前仲町にある門仲天井ホールというところ。
まず、会場の雰囲気がとても良かった。夜景をバックに演奏をするんです。
それに何よりも“世界で初めて、鍵盤ハーモニカのオーケストラ”と謳ったバンドですから、なにしろこの鍵盤ハーモニカの魅力が最大限に引き出された演奏を聴かせてくれます。
それも、曲ごとにさまざまなアレンジで、さまざまな聞かせ方をしてくれるものですから、飽きないし、次は何を?みたいな期待感も膨らみまくり。
久々にコンサートでワクワクする感覚を覚えました。
こういうレベルの高い音楽文化をたくさんの人が身近に気軽に聴きに行くようになるといいのになぁ…、なんてことを考えましたよ。

野村さんのページ
posted by GAKU at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ

2006年09月01日

今の日本沈没

今の日本沈没を見てきまして、意外にも結構満足できるものでした。
前のものに比べると話に手が入っていて、そこは賛否両論なのでしょう。
ただあのリアルな映像の迫力は、かなりショッキングでした。
昨日、関東では地震がありましたけど、映画館で見てる最中のお客さんはびっくりしたでしょうねぇ。
posted by GAKU at 17:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2006年08月31日

企画

今も新たな企画を成立させようと動いています。
この仕事は、企画を考えてそれを成立させてナンボってところがありますから、
企画を作り出す能力が何よりも大事なんです。
企画を作るためには、自分が何をやりたいかを常に意識してないとダメですね。
でも、そうであれば、街を歩いていても、買い物をしていても、遊んでいても勉強していても、笑っていても泣いていても、怒っていても悲しんでいても、
ま、とにかく何をしていても思いつきがあります。
で、そのアイデアを企画にまで持ち上げて、プレゼンをして、
成立したら、番組なりビデオなりを作る。
これが全てではないですけど、こういう風に仕事が進むのが理想です。
自分の作った企画が放送されたときの喜びってのはひとしおなんです。
クセになるような気持ちよさです。
posted by GAKU at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ